京都府宇治市の -リフォーム・新築・不動産・ガーデントータルプランニング-

日経住まいのこだわり

  • HOME »
  • 日経住まいのこだわり

pic_d013

一生に一度あるかないかと言われるほど、新築住宅に住むというのは大きな買い物です。

そのため「住宅を買う」というのは、
「ハコモノを買う」というより、「しっかり施工した安心」を買うといっても過言ではありません。

弊社が従来から行っている施工の流れをここではご紹介します。
日経の安心へのこだわりをぜひご覧ください!

日経のこだわりその1  地盤調査

image215
地盤調査とは、地盤の性質(支持力、沈下量、等)の把握を目的として住宅を建てる上で、地盤が建築物を安全に支えられるかどうかを調べます。地盤が悪いと、地震が起きた際、揺れるだけでなく不同沈下を起す危険があります。いつ何時起こるかもしれない大地震への対策が地盤から必要なのです。地盤の強度によって建物を安全に支えられるための方法を検討していきます。

当社は、スウェーデンサウンディング方式による地盤調査を採用しており、近くの1ヶ所だけでなく、建物の四隅および中心の計5点以上を計測し、細かく正確なデータを採取します。

日経のこだわりその2  地盤改良工事

地盤調査の結果を踏まえ、敷地の地耐力に合わせた改良工事を行います。

比較的浅層で強固な地盤がある場合は、軟弱な地盤の土を掘り返し、
セメント系固化材によって改良された土と置き換える表層改良工事
深層部に「軟弱地盤」が確認される場合には、安定した地層部分まで杭を打ち込んでいく柱状改良工事を採用します。

image212  image213  image214


日経のこだわりその3  基礎工事

基礎は、べた基礎を採用しております。
現在では最も一般的な手法ですが、構造計算に基づく配筋量で基礎を施工しています。
配筋は建築確認の審査に加え、第3者の住宅保証機構による配筋検査を受けてその審査をクリアしております。
耐震性に配慮した安全な家には、この基礎が重要な工程のひとつになります。

image206  image205  image204  image91


日経のこだわりその4  木造軸組み

当社が採用しているのは、木造軸組工法です。
高温多湿な日本の気候・風土に最も適しているのが木造軸組み工法と考えます。
さらに、耐震性に関しては、壁量計算によって適所に筋交いを施し、金物によって強度を高めています。
パネル工法と違い、柱・梁で構成する軸組工法では、自由に間取りをつくることができます。
お客様オリジナルの間取りが実現できるといえます。
将来的な間取り変更も容易に行えるのもメリットのひとつです。
※テクノストラクチャーなど ご要望に応じて他の工法も取り扱います。

image111  image121  image131


日経のこだわりその5  家を支える担い手たち

基礎パッキンimage207

床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境をつくる部材。
さらに土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せつけない好条件をつくることになります。

筋交いプレートimage208

柱と筋交いの接合部に取り付けられる耐震金物の一種。地震などの水平力が掛かった場合、筋交いと梁、柱、土台がばらばらにならないようにする役割があります。

鋼製束image209

大引(1階の床を支える構造体)を支える部材。車をジャッキで常に持ち上げているような役割で重量を支えています。木製やプラスチック製にくらべて高耐久力なのも特長です。

ホールダウン金物

地震の水平力によって壁が引き抜かれるのに対抗する引き寄せ金物。1階は柱脚と基礎を繋ぐため、基礎にあらかじめ専用のアンカーボルトを埋め込みそれと柱を接続します。

image200  image201


集成柱・集成梁image210

板を複数枚重ねて接着剤で圧着した柱・梁を採用しています。
割れや狂いが少なくなり、ムクの柱の約1.5倍という強度を
保つことができます。

土台水切image216

外壁からの雨水等が床下へ浸入するのを防ぐ部材。同時に床下換気機能を損なわないようにメッシュ加工になっています。

火打ちimage203

梁と桁の取り合い部(入り隅)に斜めに取り付ける横架材。骨組みを固めるとともに、建物の耐震、耐風の役割があります。

ひねり金物image202

屋根下地の垂木を母屋や桁に固定する金物。母屋や桁などの構造体と屋根がガッチリ固定され、強風などで屋根が飛ばされるのを防ぎます。

床下用断熱材image211

床下からの冷気を完全に防ぎ、気密性がアップします。
サーフボードや救命具と同じポリエチレン系素材のため、
水分や湿気を寄せつけず、優れた断熱性能を維持することができます。

お問い合わせ TEL 0120-64-0855 FAX : 075-623-5051 営業時間 9:00~19:00 (水曜定休)

Copyright © 株式会社日経ハウジング All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.